Z世代はいくら投資すべき?「2割投資生活」で目の前と未来の幸せを考える

楽天証券のオウンドメディア「トウシル」に「Z世代はいくら投資すべき?「2割投資生活」で目の前と未来の幸せを考える」というコラムを寄稿しました。

トウシル Z世代はいくら投資すべき?「2割投資生活」で目の前と未来の幸せを考える

若い世代への資産形成アドバイスとして「年収の2割を目標に資産形成に回したい」「現状、定期預金金利が実質マイナスになっていることは厳しく、投資を少額からスタートさせてはどうか」という話です。

日経新聞の記事によればZ世代は投資について前向きで資産形成に積極的な人も多いようですが、投機的にはならないようにしつつ、NISA等を活用してほしいと思います。ときどき質問されますが、iDeCoは20歳代はまだ焦らなくてもいいと思います。お金を借りずに大きな出費も乗り越えられる家計管理の余裕ができてからでもいいでしょう(逆に45歳過ぎたら、半強制で積み立てたほうがいいかもです)。

Comments are closed.